横浜口腔インプラント研究会研修プログラム

ホーム >C.講義指針

第6回(2017年)横浜口腔インプラント研究会主催
講義方針

A. 講義

1.医療全般
1) 医の倫理、医療面接など
2) 医療安全管理対策(インプラント治療の環境整備など)
2.歯科医療におけるインプラント治療の意義
1) 日本口腔インプラント学会認定講習会の目的と意義
2) インプラントの歴史と発展、および現代インプラントの概要
3) インプラント治療の成功とは(長期経過例からの考察)
3.基礎系学科
1) 口腔解剖学(顎骨の構造、血管と神経の走行、上顎洞の構造など)
2) 放射線学(パノラマ撮影の原理とCTの撮影原理、および診断と臨床)
4.歯科臨床学科
1) 口腔外科:適応症と禁忌症、骨増生法とサイナスリフト
2) 手術手技の基礎(切開法、縫合法など)、手洗い、ガウンテクニック
3) インプラント手術の原則と設計
4) 補綴学:インプラント治療における上部構造の設計と咬合の考え方
5) 前歯部における審美歯科
6) 歯周病学;インプラント周囲炎とその対策
7) インプラント材料学
8) a.上下顎骨の動脈と静脈
  b. 神経システムについて
  c.骨組織と骨代謝
5.一般臨床学科
1) 内科学(循環器系疾患、脳血管系疾患、糖尿病、など)
2) 歯科麻酔学(心臓の解剖と心電図の読み方など)
3) 歯科麻酔医による静脈内鎮静法と生体情報監視装置
4) 生体情報監視装置(モニター)の取扱い方法
5) 耳鼻咽喉学(上顎洞の解剖と上顎洞炎,内視鏡手術など)
6) 心療内科学

B. インプラント関連手術の講義と実習

1.メーカー別インプラントの特徴と埋入方法および模型実習
1) ノーベルバイオケアインプラント
2) ストローマンインプラント
3) カルシテックインプラント
4) アストラテックインプラント
GCインプラント
モリタSPIインプラントインプラント
その他
2.骨増生法について
1) 術式と特徴について
2) 骨補填材料について
3) 使用器材について
3.骨増生法の模型実習
1) 骨移植とチタンメッシュの模型実習
2) PRPの講義と実習
3) GBR法の模型実習
4) の模型実習
5) サイナスリフト・ソケットリフトの実習、ハッチリーマー、SPI埋入
4.インプラント治療に関わる重要な基礎講義(インプラント事故防止)
 
5.インプラント埋入手術と関連手術および補綴処置の統合
1) 患者の全身状態と手術術式および補綴処置の選定
2) 顎骨の状態と手術術式および補綴処置の選定
3) 残存歯の状態と手術術式および補綴処置の選定

C. コンピューター、ビデオ等 ITを利用した手術と補綴

1) IT利用による手術と適応症
2) IT利用による補綴と適応症
3) IT利用によるインプラント治療の将来と限界

D. 学会発表のための基礎知識とデータベースの作り方

1.手術症例の記録方法
1) 手術のデータベース、麻酔記録の保存方法
2) パノラマ写真、CT写真などX線フィルムの保存方法
3) 口腔内写真のカメラと撮影方法,および保存方法
4) ExcellとPowerPointを使用した資料の作り方
2.症例報告
認証医・専門医取得までの準備事項(ケースプレゼンテーションなど)

E. 救急救命ライセンスの取得(横浜AHA BLSトレーニングセンターー認定講習会)

F. 手術見学

このページのトップへ戻る